福岡市(早良区/西区/城南区)・糸島市を中心にエコキュート・蓄電池・太陽光発電・IHクッキングヒーターなどの故障・修理・交換・設置工事をおこなっているエコテックスです。見積りは無料!お電話は24時間365日受付中!

株式会社エコテックス

太陽光発電システムをご検討のお客様へ

太陽光発電システムを
ご検討のお客様へ

失敗しない太陽光発電!後悔しない業者の選び方|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス
Professional eyes

プロが見るのは品質の違い

施工業者として専門家の目線からみた『失敗しない太陽光発電業者の選び方』についてお伝えしたいと思います。

太陽光発電の業者の選び方として工事現場を公開できるか|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

工事の現場を見せることができるか?

ただし、ホームページの施工事例などは、記事作成時に不都合な部分を使わないなど、どうにでもできるので要注意です。
もちろん、一概には言えませんが、工事の品質が悪い(手を抜いている)とか、補助金の規定違反をしているとか、メーカー指定の工法に沿っていない場合などは、やっぱりブログなどで公開できませんよね。
まずは、その施工店がうたう「安心!自社施工」 の様子を屋根上から工程ごとに見せてもらいましょう。できれば、その現場(お客様宅) を実際に見せてもらうのが一番安心できます。
その際に、少しでもモゴモゴ言う担当者は、何か見られてはいけないことがあるかもと疑って間違いないでしょう。施主様の了解を得る必要はあるかと思いますが、現場を隠す必要はありません。

工事現場をレストランに例えると

レストランのホールに居るウエイトレスやウェイターが、太陽光発電の「営業マン」ですし、キッチンで料理をしているのが電気工事や屋根工事の「職人」ですよね。
「注文を取ってくる仕事」と「商品をつくる仕事」に分かれます。そういう意味では、太陽光発電の設置も良く似ています。メニューを見て注文を受けるお客様に「今日は○○○がおすすめですよ。」と言ってご注文を取り、伝票に代金を記載して、オーダーをキッチンに伝えたとします。しかし、そのウェイターがおすすめして注文を取ったのはいいですが、「本当は、その料理を誰が、どんな材料を使い、どんな下ごしらえをして、どんな調理方法をしているか?」
を全く知らないでお客様におすすめし、注文を受けているとしたら、どう思われますか?
さらに、料理を作っている所を見せれない、見られたくないという店舗はどう思いますか?

太陽光発電などでもよくある話

つまり、売っている本人(営業マン)自体も、
・どんな住宅や屋根の構造なのか
・どんな材料を使っているのか
・どんな工法が最適なのか
など、わかって販売していないケースがほとんどなのです。だけど、売るためには、キャンペーン・モニター・実績作り・激安!格安!限定!と何でも言ってきますよ。契約できればノルマになるし、報酬になる。そして、契約者も良く分かっていない。しかも、かかる手間を省き、使う材料などを落とせば、利益はどんどん出るわ出るわ・・・という会社がたくさん存在するのです。
つまり、 料理とは違って、何が美味しくて、何がまずいかが判らないことばかりだから。という理由で、誰でも分かる「メーカー」「価格」「保証内容」だけで比較しようとすることが大きな間違いなのです。

大きな設備投資が必要

太陽光発電システムは、大きな初期投資が必要です。失敗したから、後悔したから、取り付けてみて発電量が少ないからと次は別の店でという訳にはいきません。一番良くないのは、美味かったか、まずかったかも分からずに店をでることです。
太陽光発電やオール電化などは、 間違いなく建築工事であり、住宅設備機器であり、電気設備です。それをあたかも、物販であるかのように家電品のようにみせたりすることで、得する人が誰で、結局は後で泣くのは誰でしょうか。

ひとつだけ質問をさせてください。

適正な材料と手間をかけて近所で評判のレストランだが、少し高いので、特別な時だけ利用する。 

材料や手間などはコストダウンを図っているレストランだが、とても安いので、普段から利用する。

さて、お客様はどっちのレストランを選ばれますか?

どちらも、商売としては正解だと思います。
実際に私たちのまわりにはA店、B店どちらのレストランもたくさん存在しています。ただし、 住宅の「屋根」に太陽光発電を設置する際のお店だけは絶対に「A」を選んでください。なぜなら、屋根の上という「劣悪な環境」において、絶対に手間を省いたり、施工方法を間違うわけにはいきません。

Construction

太陽光発電の設置工事内容

当社が手掛けた太陽光発電の工事を一部始終お見せします。

アンカーボルト穴の防水処理の施工技術が重要な施工方法|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

東芝のアンカー工法です。
瓦に穴を開けて、アンカーを立ち上げ、架台を設置する工法ですので、アンカーボルト穴の防水処理の施工技術が重要な施工方法です。

支持点の瓦を剥いで補強板を垂木へ固定します|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

支持点の瓦を剥いで補強板を垂木へ固定します。

補強板へアンカー金具を固定します|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

補強板へアンカー金具を固定します。

地上で瓦に穴を開けて|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

取り外した瓦は屋根から地上に降ろして、瓦に穴を開けます。

バックアップ材|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

補強板のアンカー金具にバックアップ材を差し込みます。

瓦を葺き直し|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

穴を開けた瓦を葺き直します。

アンカーボルトを通した回りにシリコンを充填|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

アンカーボルトを通した回りに、シリコンを充填します。

専用の防水ゴムキャップを圧着|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

専用の防水ゴムキャップを圧着します。

専用のシートを水上側へ貼り付けます|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

さらに専用のシートを水上側へ貼り付けます。
これで、専用シート・防水ゴムキャップ・シリコンの3重構造で防水対策をおこないます。これをしっかりと施工しないと雨漏りの原因になります。

アンカーの完成部分|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

これが、アンカーの完成部分です。

瓦に配線が着かないように架台へ結束|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

瓦に配線が着かないように架台へ結束します。
この工程はとても重要です!
省いてしまうと数十年の間、配線は瓦の上に垂れ下がり、配線が損傷してしまいます。

電気の配線は基本的には隠蔽配線|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス
電気の配線は基本的には隠蔽配線|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

壁の中などに入れる前の電気配線を露出したままにするのであれば、手間は数倍かからずに施工可能ですが、当社では基本的には隠蔽配線にします。
露出と隠蔽では、耐用年数・安全面・美観ともに全く違います。

太陽電池モジュールを設置|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

太陽電池モジュール(太陽光パネル)を設置していきます。

太陽電池モジュールを設置|福岡市・糸島市のエコキュート・蓄電池・太陽光発電ならエコテックス

西面に3枚と南面に12枚設置して、合計15枚×240Wで、3.60KWの太陽光発電システムの設置工事が完成しました。

仕上がりはバッチリ!
バラつきなく、面がでています。
最後になりますが、冗談ではなく、太陽光発電を設置した後に後悔しないためにも、自信を持って現場を公開している業者選びをしてほしいと思います。

How to choose

施工業者の選び方

太陽光発電の急激な普及に伴い、太陽電池やパワコンなどの製品の性能は上がり、国の施策通り設置費用が下がってきたことは大変喜ばしいことです。しかし、最近では徹底して安さを追求するあまりに、施工の経験や技術・技能が伴わない業者による、ズサンな設置計画や手抜き工事・雨漏り・発電不良などが社会問題になっています。

とは言っても、一般のお客様にとっては、価格以外の判断基準が分かりづらいために、どこの会社を選んでいいかわからないので、「同じような内容なら、安いほうが得だろう」となってしまうようです。

そこで、価格以外の判断材料をもっていただくために、施工業者選びのポイントを3つにまとめました。

1.必ず、複数の業者から「相見積もり」を取りましょう。

「ご近所の工事の挨拶で・・」と近寄ってくる訪問販売・イベント・チラシなど、業者の方から太陽光発電を勧誘してきた場合は特にご注意ください。そして、モニター価格、キャンペーンなどで射幸心を煽られて、契約を急かされても絶対に即決してはいけません。必ず、2社以上の業者から見積りを取り、対応・説明・内容・本体価格・工事費用などを総合的に比較しましょう。
しかし、5~6社もむやみやたらに相見積もりを依頼するのは判断材料が多すぎて、混乱するだけでなく、最終的に依頼するのは1社ですから、断わる時に困ってしまいますので、2~3社程度が理想的です。

2.工法・工事について、納得がいく説明を受けましたか?

どこのメーカーのシステムを選ぶかよりも、どういう工法で、どんな工事を行なうかがとても重要です。
もちろん、施工事例が多い業者の方が、情報の蓄積や経験も豊富で、様々な事例を紹介できるはずです。特に、屋根上での設置工事や配線工事など見えない部分で、手を抜く心無い施工業者がたくさんいます。実際の施工事例の工事工程を、具体的に見せてくれる業者は 間違いなく安心できます。
工事の詳細について、説明ができないような会社との契約は見合わせることが賢明です。

3.地域密着型の地元の業者ですか?

とにかく、お互いに近いことは、良いことずくめです。
太陽光発電の設置後にトラブルが起こった場合、すぐに駆けつけてくれる販売店が理想ですし、実際に発電状況の確認や定期点検ができるのはやはり近くの業者です。どんなに遠くても、県外などはあり得ませんよね。
また、各メーカーの施工研修を修了し、自社でメーカー認定の施工IDを保有しているかも確認しましょう。もしそうでなければ、設計・施工は下請けに丸投げする営業販売だけの会社も数多く存在します。太陽光発電だけに目が行きがちですが、オール電化の工事や屋根の塗装や防水工事・瓦の工事や仮設足場などの付帯工事も伴う場合がほとんどですので、住宅や建築・建設について総合的なスキルが高い技術系の施工店が最も安心できます。

上記の3つのポイントを押さえたうえで、最終的には見積り金額で比較されることをオススメします。
ただし、綿密な施工計画と、高い工事品質であれば、「激安!格安!最安値!」の見積り金額などということは絶対にあり得ませんので、金額の安さだけに惑わされないようにご注意ください。

最後になりますが、
『高かろう、悪かろう。』では最悪です。
『安かろう、悪かろう。』でもダメです。

価格は、高過ぎでもなく、安過ぎでもなく、結局は工事が終わった後で、「良かった」と思える業者とのご縁がありますように。

電話で連絡
メールで連絡
LINEで連絡